永久脱毛の確実性について

よく「永久脱毛って本当にずっと毛が生えてこないの?」という質問を受けることがあります。
「永久」脱毛と謳っている以上、ずっと毛が生えてこないと言いたいところですが、一度の脱毛施術で永久脱毛が完了することはありません。それでは永久脱毛の確実性を解説しましょう。

 

永久脱毛と毛周期

脱毛の効果は毛周期と呼ばれる期間と関係があります。
毛周期というのは毛の生え変わるサイクルのことです。体毛は全て、特定の毛周期を持っており、その期間に応じて頻繁に生え変わっているのです。例えば、ひげの場合は毛周期が1年程度といわれています。

 

最初に「成長期」があり、この時期には毛根における細胞分裂が活発になり、毛が伸びていきます。続いて「退行期」が訪れて細胞分裂が止まり、毛は抜ける準備を始めます。退行期が過ぎて毛が抜け落ちると、毛根は「休止期」に入ります。そしてある程度の期間が過ぎたら、また活発に細胞分裂をはじめて新たな毛周期が始まるのです。

 

 

この周期の中で、メラニンが毛根の中で生成されるのは成長期だけであり、休止期に医療レーザーなどを当てても毛根が処理されません。そのため、一度の施術では毛根を処理しきれないわけです。

 

最初の施術の際に休止期にあった毛根が成長期に入ったときに、再度施術をする必要があります。そうすると、以前は処理しきれなかった毛根にもレーザーやフラッシュが作用するようになります。この毛周期を考えると、ひげの永久脱毛を完了するには2年ほど定期的に施術を受ける必要があるようです。